<< アクセス解析 | main | 阪急百貨店うめだ本店の現在 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
近鉄百貨店阿倍野店 増床計画
4月12日の朝日新聞朝刊経済欄に、近鉄百貨店阿倍野店の一部建て替えの記事がありました。
asahi.com
2011年以降に完成させて、国内最大の百貨店になる見込みです。
近鉄百貨店阿倍野店




右側の旧館部分が立て替え対象の様子です。

カテゴリ:商業施設 | 22:11 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 22:11 | - | -
コメント
近鉄百貨店阿倍野店の改築計画の記事、複雑な思いで読みました。キタ・ミナミに対抗するため、改装ではなく改築にふみきるとのこと。前回の改装の折には、建物の雰囲気はそのまま残りましたが、今回はどうなのでしょう。
上町線から、横断歩道を渡るだけで行けた時代を知るものとして、あの建物はあの姿で・・・と思ってしまいます。とはいっても、歩道橋が出来たことすら大昔の話ですが・・・
| のり | 2007/04/13 12:34 PM |
確か、旧館は戦前の建築で、建物の中に火が入っているはずです。上六はあっさり建て替えたのですが、こちらはここまで持たせたと思いますよ。大丸みたいに使い続けてくれたらよかったのですが。
| なにわ | 2007/04/13 10:11 PM |
>のり 様
まいどご乗車、ありがとうございます。

近鉄百貨店社長の談話があったように、阿倍野本店の集客力を上げないと、生き残れない という内容でした。
百貨店でも経営統合などで生き延びようとしています。
また、高級ブランド品を扱う店は、独自で路面出店する傾向ですので、それらを呼び戻すためにも「改築」に踏み切った感じですね。
改築後のイメージ図・青写真は公開されていませんでしたが、おそらく旧館は姿が変わるでしょう。
時代の流れと言ってしまえばそれまでですが。
| 住吉人 | 2007/04/13 11:37 PM |
>なにわ 様
まいどご乗車、ありがとうございます。

京都近鉄も閉店しました。
やはり、核となる本店に力を入れないと、経営そのものが危うくなる可能性があると判断したのでしょうね。
大丸心斎橋もかなり古い建物ですね。
キタとミナミに挟まれた心斎橋地区も、生き残りが大変な場所です。
| 住吉人 | 2007/04/13 11:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sumiyoshi-rw.jugem.jp/trackback/302
トラックバック